トビタテ文化祭について

進路に迷っている人、海外で学ぶことに興味がある人、世界で活動したい人に向けて日本を代表して留学してきた学生達が1日限りの文化祭を文部科学省で開催!40組の留学経験者が展示や実演を通して世界と日本の違い、そして日本の魅力、留学成果を大発表 !

2013年から始まった留学促進キャンペーン 官民協働留学生支援制度トビタテ!留学JAPAN。 “返済不要であること” “留学プランを自由に設計できること” が特徴であり、これまで約7800人の高校生・大学生を 海外に送り出しています。 奨学生達(通称:トビタテ生)が担う最も大きな試練は “机に向かって学ぶだけでなく実践活動を行うこと” その為、トビタテ生は世界中にトビ立ち、日本では成し得ない まさに多種多様な活動を行なっています。 そんな海外での貴重な経験を日本で実際に発表する機会を作ろう! そんな想いでこのトビタテ文化祭は誕生しました。

文部科学省官民協働海外留学創出プロジェクトディレクター
船橋 力(ふなばし・ちから)

1994年、伊藤忠商事株式会社入社、アジア等でODAプロジェクトを手がける。 2000年、株式会社ウィル・シード設立、代表取締役社長に就任、企業と学校向けの体験型・参加型の教育プログラムを提供。 2009年、世界経済フォーラムの Young Global Leaderに選出。 2011年、一般財団法人教育支援グローバル基金Beyond Tomorrow代表理事に就任。 2012年NPO法人TABLE FOR TWO International理事に就任。

トビタテ生は実に多様。
それはトビタテに込めた根幹の想いに“粒違いで良い”“多様なコミュニティー“というKey Wordが表している。そして、“情熱””好奇心“”独自性“を重んじ、一人一人が枠にはまら...

IMG_7058.jpg

文化祭実行委員代表

森川華子

​第8期ミュージカル留学

トビタテ生が海外で経験してきた実践活動はSNSを超える!!!

近年では世界中の情報をSNSを使ってリサーチ出来ます。しかし、トビタテ生と話すと見たことも聞いたこともない〝情報〟〝場所〟〝経験〟を得ることが出来ます。
そしてそれはいくらネットの世界で探しても見つからないものばかり。
「もし自分が中高生のときにトビタテ生に会ったら、人生変わったかも」と少し悔しい気持ちになったのをきっかけにこの「文化祭」を実行しようと決めました。
この文化祭が来て頂いた皆様にとって未来への小さな一歩のきっかけになりますよう、運営メンバー一丸となって取り組んで参ります。

文化祭実行委員副代表

安力川佳弘

​第8期舞台照明留学

今までなかった「五感で楽しむ留学体感イベント」 トビタテ文化祭

トビタテ生はこれまで、世界中で数えきれられないほどの貴重な経験をしてきました。
文字や言葉だけでは伝えきれないこの経験を、今回は「もの」や「パフォーマンス」を通してより分かりやすく楽しく発信・発表します。
何かしらの刺激(トビタテパワー)を感じていただけたらと思います!海外、留学に興味のある学生必見。どうぞお楽しみに!

代表 森川華子
副代表 安カ川佳弘
ステージ担当 安カ川佳弘  小仁井茅春
ブース担当 小林裕貴 谷地栞
シネマ担当 藤枝穂乃花
グランドフィナーレ担当 鈴木友理

広報
ポスター、ロゴ、webデザイン作成

9期 Webサービス構築留学 氏家瑠美

webサイト管理、アプリ開発担当

8期 シビックテック留学 大西翔太


動画作成

8期 難民支援留学 幡谷拓弥

会場メイン絵画制作 新井田 ひなの

主催 トビタテ文化祭 実行委員会 トビタテ!留学JAPAN事務局
 
「日本博」参画プロジェクト